[HOME]とり飯/ミリタリー情報館
ミリタリー情報が満載のサイトへご案内いたします。
 ニュース
レコードチャイナ 中国関係のニュースサイトです。
まれに中国人民解放軍の関係のニュースが
詳細に取り扱われることがあります。
※中国人民解放軍関係の鮮明な写真ならここ!
ノーボスチ・ロシア通信社 ロシアの通信社のサイトです。
日本語でも閲覧可能なため、ロシア発のニュースを
そのまま入手することができます。
朝雲新聞社 こちらの新聞社は自衛隊の活動や安全保障問題などを
取り扱う国防の専門誌を発行しています。
MILITARY BOX こちらも自衛隊関係のニュースを取り扱っています。
リンク集もあるため、軍事関係のサイトを
運営している人向はここにサイトを登録することができます。
COMBAT.CH こちらも軍事関係のニュースを取り扱うサイトですが、
イベントやゲームなどの娯楽に関係するものが中心です。
週刊オブイェクト (おもに)軍事に関係するニュースを発信している個人ブログです。
軍事に関係する政治・時事の濃厚な話題が満載です。

 公式
陸上自衛隊 陸上自衛隊の公式サイトです。
災害派遣や国際活動などの写真も掲載されています。
海上自衛隊 海上自衛隊の公式サイトです。護衛艦などの装備品の写真も見ることができます。
艦で出している料理のレシピも掲載されています。
航空自衛隊 航空自衛隊の公式サイトです。
展示飛行チームのブルーインパルスのページもあります。
防衛省 日本国の防衛省の公式サイトです。
防衛白書(防衛省が刊行している書籍で、
今年度は何に予算を使ったか、どんな活動をしたか、
これからどんな方針で自衛隊の活動を展開してゆくかが
書かれたものです。)を無料で読むことができます。

 銃器
福住製作所 拳銃から重機関銃まで銃器の解説を(写真やイラストつきで)
幅広く行っております。
たまにスケベなイラストもあるので要注意です(笑)

 自衛隊の装備品
Gallery Right wing 基地祭にて撮影した自衛隊の装備品の写真を展示していますが、
その数の豊富さはかなりすごいです。
正面装備はもちろん、後方支援車両や航空エンジンからリヤカー(!?)まで
いろんな装備品の写真を高画質で楽しむことができます。
MILITARY POWERS こちらのサイトも自衛隊の装備品の写真がたくさん展示されています。
また、自衛隊関係のMIDIもあります。

 軍用機
War Birds 軍用機(おもにWWU中)の情報がとても豊富なサイトです。
派生ページの「お絵かきアイコン工房」ではWebやゲームの素材としても
利用可能な軍用機や戦車のドット絵が展示されています。

 軍歌
ニイタカヤマ・ナイツ 日本軍歌のサイトです。
なんとご自身で歌われた曲をそのままmp3にして
多数アップしていらっしゃいます。
ちなみに自分のおすすめは「元寇」です(笑)
おやじの唄 とても豊富な量の軍歌のMIDIが置いてあります。
著作権がまだ生きている曲も配信されているとても貴重なサイトです。

 レーション
THE 戦闘糧食 レーションの試食、紹介をしているサイトです。
自衛隊のものはもちろん、現代のロシア、韓国軍や
WWU中(!)の米軍のものまで写真つきでメニューを解説しています。
災害時のためのオリジナル非常食の解説も載っています。
the 世界のレーション保管庫 こちらもさまざまな国々のレーションを取り扱っているサイトですが、
なんと中国人民解放軍(!)のものまであります。

 兵器全般
日本周辺国の軍事兵器 中国・台湾・韓国・北朝鮮と
日本国周辺の国々の兵器についての解説を行っています。
中国人民解放軍の新型戦車など、兵器の情報が
とても詳しく載っているのでぜひご覧ください。
Keyのミリタリーなページ 陸海空すべての兵器について解説しています。
第二次世界大戦中の兵器・海上自衛隊の艦艇の情報が
特に充実しています。

 戦車
戦車研究室 第一次世界大戦から現代の戦車にいたるまで
非常に詳しく解説しているサイトです。
Legend of Tank開発の時にとても参考になりした。
国本戦車塾 旧陸軍の戦車について詳しく解説しているサイトです。
九五式軽戦車やチハ車はもちろん、
未成計画のチリ、カト、ホリなどについても詳しい解説が載っています。
とんぺいの機械博物館 各国のAFVの写真や、WWU中の戦車のイラストなどがあります。
マイナーAFVも押さえているので必見です。
防衛技術博物館を創る会 防衛技術博物館の設立を目指すNPO法人のサイトです。
(2011年静岡県よりNPO法人として認可)

 ゲーム
日本戦争ゲーム開発 近現代の兵器を集めながら博物館を大きくしてゆく
「パトルの軍事博物館」などのゲームを公開しているほか、
海外の博物館などで撮影した兵器の写真も展示されています。
特にコブレンツ軍事技術博物館&アンヴァリードで撮影された写真には
高画質のヤークトパンターなどもあるため、
ぜひともおすすめしたいです。

 旧軍
大日本帝國陸海軍史料館 旧日本軍の遺構・遺跡及び各種軍装品等を紹介しています。
写真・文章資料ともに非常に豊富で、中には
現代の自衛隊と旧陸軍の俸給対比表といったものもあります。

 イラスト
本日ハ倦怠ナリ 人物、兵器、擬人化兵器と幅広くイラストを
展示しておられます。
モノクロのゲーリングが似すぎてる(笑)

[編集]
CGI-design