とり飯/ツクール大学理工学部/ボスの行動をパターン化させる

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

ボスの行動をパターン化させる


   

戦闘に戦術性を持たせるため、ボス敵の行動に行動条件を設けてパターン化してみましょう。
このパターン化には、目的と内容ごとに二つのパターン化に分けられます。
市販ゲームだとわりと適当に扱われがちですが、RPGツクール2000ではこの部分を手軽に設定して
市販ゲームにはない戦術性を持たせることができます。


▲サボテン・サボテーヌ(中央)は「サウザンド・ニードルス」という全体に250のダメージを与える
強力な特技を使用するが、行動が4ターンおきでしかも秒読みまでしてくれるので、
単独での出現ならば非常に対策しやすい。

プレイヤー側が対策しやすくする

奇数ターンは防御し、偶数ターンは攻撃するといった具合です。
プレイヤー側はこのパターンを読み、奇数ターンは回復に専念し、
偶数ターンは攻撃を行えばよいということを頭の中で考えてゆく楽しみが得られます。

行動に計画性を持たせ、難易度を上げる

基本的にRPGのボスキャラは、そのときそのときで自分の持っているスキルのうち
どれを使えば効率的に主人公を追い詰めてゆけるか判断する能力に乏しいものですが、
RPGツクール2000ではターンごとに行動を設定してしまうことが可能なので
最初のターンは強化魔法(ドラクエで言う『バイキルト』)を使わせ、
その後は状態異常になると攻撃の手を休めて自主的に回復したり、
手下が倒れたら魔法で復活させするように仕掛けを作っていきましょう。
プレイヤーはこのボスに打ち勝つために、さらに戦術を練り、
どんなパーティ、どんな装備で挑むか考える楽しみを持つことができます。

さらなる戦術性向上のために

敵ボスが使用する特技で、こちらにその特技が効かないキャラクターがいるとき
その特技の使用を控えるといった仕組みを設けてみるのも面白いかもしれません。

   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!