とり飯/ツクール大学理工学部/あえて武器を売らない

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

あえて武器を売らない


   

・作りたいのは短編〜中編程度のRPG
・武器の名前を考えるのが面倒

という方向けの項目です。
『Dark of Age』では、武器を店で購入することはできません。防具はそもそも存在しません。
武器は初期装備以外には各キャラごとに一種類の最強装備しかなく、
それらはダンジョンや街のミッションで手に入れることになっています。
これは世界観の関係もあって、主人公サイドが使うのは木刀、分銅鎖、銃器、戟といった実在の武器にこだわっており、
一般的なファンタジー世界観のRPGのように『アイスブラント』『フレイムタン』などの
武器アイテムの名称が使用できなかったためでもあります。


▲左図は主人公の(中盤の)装備画面。
右はこの世界の唯一の武器屋の取引画面。売り物は使い捨ての武器だけ。

実際ゲームバランスとしてはどうだったのかというと、ぶっちゃけ武器の更新機会がほとんどなくても
ゲームバランス自体それに合わせていたのでさほど問題にはなりませんでした。
主人公ヨシュアは真剣である「屠龍」を手にするまで、ずっと樫の木刀を使い続けるのです。
もしプレイヤーが「屠龍」の存在に気がつかなかった場合、主人公は物語の終わりまで
ずっと樫の木刀を使い続けたでしょう。
しかし、たまには主人公が旅立ちの時からずっと同一の武器を
使い続けるRPGがあってもいいというものです。

   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!