とり飯/ツクール大学理工学部/戦車のアクターとしての使い方

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

戦車のアクターとしての使い方


   


▲『パトル』の軍事博物館のメニュー画面。「パトル」においては、
戦闘機や戦車は乗員を乗せなくとも動くが、乗員を乗せることで性能を向上できる。

本来、戦車とは3〜5人で操縦するものであり、主人公達が操縦すると
パーティ全員でたった一台の戦車を操縦することになってしまいます。
そのため、敵キャラとしてはインパクトがある分使いやすいのですが、
味方としてはなかなか使いにくい部分があります。
『Iron Maiden another possible of CRIME BREAKER』では、
原作であるメタルマックス同様強引に1人でも操縦できるものとしてしまい、
ゲームのアクターとして戦車を活用しています。


▲『アンティーカロマン』に登場する『シャーマンファイアフライ』

『アンティーカロマン』では古代にこの世界からエスペランドに召喚され、
エスペランドに放置されたものが古代の怨霊により野生化(?)したという設定にしており、
ゲーム中ではオーラ一人で操縦していますが、元々は野生の戦車だったということもあって
メタルマックスのような無理さは若干薄まっています。


一方で、『CHI-HA FANTASY』シリーズでは、戦車があたかも野生のポケモンか何かであるかのように
扱っていることで、乗員0人だろうが平然と動いてしまうという設定付けを行っています。

果たしてRPGにおける戦車の操縦人数にまつわる問題は今後どのような展開を見せるのでしょうか…?
   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!