とり飯/ツクール大学理工学部/初心者の館を作る

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

初心者の館を作る


   

市販ゲームにもありがちな「初心者の館」。これをツクール作品に設置して
プレイヤーにゲームに馴染んでもらえるようにしてみましょう。



左の図はLegend of Tankでぐるりと回りながら一通り説明を聞いてゆく形式になってします。
右の図はDark of Ageのもので、シンボルごとにプレイヤーが聞きたい情報を
選択的に聞くことができます。、

ツクール作品をプレイする人というのは大抵RPGにもう慣れ親しんだ人々なので、
「今更初心者の館で長ったらしい説明かよ」みたいに感じられてしまうこともあるかもしれません。
理想的な形としては、その作品に導入するために最低限の知識は
街の人のセリフに盛り込んだりするなどして序盤のプレイの中で
プレイヤーの頭の中に自然に入ってゆくようなつくりにするのが望ましいのですが、
特異な特徴を多く持ったRPGの場合はどこかにひとまとめに基本的な情報を置いておく必要性もあります。


▲プレイ中にあるキーを押すと、ヘルプがいつでも読める「Elona」
(ツクール作品ではありません)

必要な情報量がとにかく多いゲームであれば、Elonaのように
ワンタッチでいつでもヘルプを呼び出せる仕組みが必要になるかもしれません。


   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!