とり飯/ツクール大学理工学部/ファイルサイズ削減のテクニック

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

ファイルサイズ削減のテクニック


   

 
▲『Legend of Tank』と『Depth』の解凍後のフォルダのプロパティ。
FSMのマップチップや、ワーバード戦車アイコン、多数のMIDI素材を使用する『Legend of Tank』と
モンスターグラフィック以外のほとんどをRTPで賄っている『Depth』ではこれだけ差が出る。

First Seed Materialの素材はPNGに変換する

First seed Materialで配布されているマップチップ素材は、
なぜか初期状態だとbmp(ビットマップ)になっています。
RPGツクール2000でインポートする場合は、これらの画像を必ずpngに変換しておきましょう。
bmpのままだと、全種類セットで6MBほどありますが、pngに変換するとなんと2MB程度に削減できてしまいます。
特にウェブサイトと同じスペースに作品を置いている人はぜひ試してみてください。
(ちなみに、とり飯は2010年までわずか50MBの中でうまくやりくりしてきましたが、
 とうとう別館を建てるに至りました…)

効果音の音質を落とす

効果音ファイルは数秒程度の短いものでも数分ほどのMIDIに匹敵するファイルサイズなので、
適度に効果音の音質を落とさないとファイルサイズの大部分がwavやmp3だったなんて事も起こりえます。
Windowsに最初から装備されている「サウンドレコーダー」を用いることによって、
作品の雰囲気を損ねない程度に効果音の音質を落とし、ファイルサイズを削減しましょう。

顔グラフィック・マップチップ・歩行グラフィックから使用しない部分を削り取る

ゲームを作り終えてたら、データフォルダをあらためて
明らかにゲーム中で使用していない部分を透過に使っている色と同じ色に塗りつぶして、
ファイルサイズを削減してしまいましょう。
ただし、間違って使用している部分まで消してしまうことがあるため
削る前の素材のバックアップをとっておきましょう。

マップがなくたっていいじゃない

とり飯Project作品の『Depth』は、わずかファイルサイズ解凍後2MB程度ながら、
6時間は遊べるボリュームたっぷりなRPGとなっています。
これは、「Depth」は一般的なマップを持たずにアドベンチャー・ノベル風に
ダンジョン探索を表現しているためです。


   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!