とり飯/ツクール大学理工学部/売買価格を主人公が決める

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

売買価格を主人公が決める


   

RPGの世界では、世界のどこで物品を売り買いしても同じ物品なら値段は大抵変わりません。
(Elonaのような例外はありますが…)
しかし、たまにはプレイヤーに売り値、買値を決めさせてしまうのも
悪くはないでしょう。


▲『金色のグリフォン像』は店で売ると2500Gだが、
 ある人物に売ると最大50000Gに…

『Dark of Age』の隠しアイテム「金色のグリフォン像」を
街のマフィアのである『ボルケーノ一家』の頭領に見せると、売ってくれと頼まれます。
ここでは、主人公が売値を決めることができますが、主人公のレベル×1000G以上の
売り値を提示すると、断られてしまいます。

懐かしの市販ゲームの「メタルマックスリターンズ」ではM1エイブラムスを
人から買うことができますが、この時買値を主人公が決定できます。
売ってくれる人の機嫌がいいときは安値で買い取ることができますが、
そうでないときは大金を積んでも売ってくれないという仕組みになっています。


   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!