とり飯/ツクール大学理工学部/大道具トラップ

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

大道具トラップ


   

この節ではやや手間のかかる大掛かりなトラップについて解説します。


▲左の図はすでに踏んづけて発動した落とし穴、
 右の図は危険について警告をくれるリンダの図。

以下、代表的なトラップとその役割と使い方についてです。

移動に関するもの

落とし穴など、主人公を特定の場所に移動させる目的で使います。
正解ルートでない床を踏んづけた主人公に、謎解きのやりなおしをさせるときに使います。
また、貴重なアイテムや賞金首の存在する部屋への入り口の一つとしても利用可能です。

移動し、目測で避けるもの

走り回るトロッコやモンスター、転がり落ちる岩などがその代表です。
主人公に触れたときに発動し、発動後はしばらく動きを止めます。
(また主人公に触れて無限ループしてしまう恐れのあるもののみ)

敵モンスターを隠す

宝箱やドアを開けると、中から強力なモンスターが飛び出す、
スイッチを押すと部屋がモンスターだらけになる…などなどです。

基本的に、トラップというのはプレイヤーを一方的に痛めつけるだけの理不尽なものではなくて、
プレイヤーにリスクを覚悟してその行動をとるかどうかを判断させる、かけひきのために存在するのです。


   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!