とり飯/ツクール大学理工学部/使用条件が特殊なスキルの例

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

使用条件が特殊なスキルの例


   


こちらでは、使用条件が特殊でいつもは使用できないスキルの例を示します。

最初のターンである

ねこだまし(ポケモン)

そのポケモンが最初に場に出たターンでしか使えません。
ほぼ確実に命中してスタンさせる効果があるので、何度も使えてしまうと
ゲームバランスに問題が発生してしまうためでしょう。

自身のHPが著しく減少している

ミラージュダイブ(FF6・ロック)
スピニングエッジ(FF6・セリス)

瀕死状態の時、通常攻撃をしようとすると1/16の確率で発動し、敵に大ダメージを与えます。
こちらは選択画面上に表示されない隠しスキルです。

自身が特定の状態異常である

ねごと・いびき(ポケモン)

自身が「ねむり」状態でなければ使用できない。
(厳密には、使用できるが発動せず失敗する)

大抵のRPGでは、『ねむり』状態のキャラクターはコマンドを入力できないのですが
ポケモンの場合はコマンド入力ができるので、
こういった条件で発動するスキルも存在できるのです。
ゾンビ状態でしか使用できないスキル、というものを作ってみるのも面白いかもしれませんね。

その他、あると面白そうな条件

条件:持ち金が非常に少ない
敵に物乞いをして、お金とアイテムをもらって帰ってもらう。

条件:持ち金が一定金額以上
持ち金そのものを武器として投げたり(銭投げ)、王国の軍隊に援軍を頼んだりする。

条件:ターンが一定数経過

強制的に敵を即死させる(クラッシュダウン)。または敵の防御力を暴落させる。
戦闘が異常に長引いた場合の救済措置として。

条件:他の味方が全員戦闘不能

味方全員を蘇生させたり、敵全体に極大ダメージを与えて状況を逆転させる。
ただし、使用者本人が倒されやすいとあまり意味がない。

◇関連リンク

条件付きスキル(XP)/KAMESOFT

   




>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!