とり飯/ツクール大学理工学部/FF3、FF5、FFTのジョブチェンジ

RPGツクール2000のテクニックとアイディア

FF3、FF5、FFTのジョブチェンジ


   



▲FFのジョブチェンジ画面を模したもの。

ファイナルファンタジー3、5にはキャラクターの職業を変更できる『ジョブチェンジ』がありました。
FF3におけるジョブチェンジは、見た目・装備可能アイテム・使用可能な
固有スキルが変化し、前のジョブの魔法や技は一切使えないというものでした。
しかし、FF5においては『アビリティ』というものができて、ジョブを変更しても
新しいジョブでそれまでに習得したアビリティを1つだけ使えました。


▲もしもFFTのアビリティセットをツクール2000に実装できたら(!?)

FFTでは、RPGからSLGになったため、攻撃や回復のためのアビリティだけではなく、
移動力の強化や移動方法の変更に関するアビリティも登場しました。


FFTにはロスト(死亡)の概念があったため、ロストしてクリスタルになった仲間から、
他のキャラクターへとアビリティを継承させることができるようになりました。


▲一般的なツクール作品やドラクエの場合は、覚えたスキルが転職によって使えなくることはない。

ドラクエの転職と違うところは、転職後もそれまでに覚えた特技・呪文がすべて使えるわけではなく、
まったく使えなかったり、または使えても限定的で、自分で選択可能であるということです。
ドラクエの転職は、キャラクターにたくさん呪文や特技を覚えさせることができるという楽しみがありますが、
あまりにも使える呪文や特技が多くなりすぎて、戦闘中の操作量が増えるという難点があります。

初期ジョブの役割

基本的に初期ジョブというのはスキルが貧弱なため転職可能になったら出番がなくなってしまうものですが、
FF3のキャラクターの初期ジョブである『たまねぎ剣士』は
特にこれと言った強力な能力は持っていませんが、最強の武具であるオニオン系武具を装備可能です。
FF5のキャラクターの初期ジョブである『すっぴん』は、
アビリティを装着できる数が他のジョブよりも多く、
さらにマスターしたジョブのステータス上昇ボーナスを継承できるという特徴がありました。
加えて、すっぴんはすべての武器防具を装備可能なので、
ラストバトルにすっぴんで臨んだ人はかなり多いかと思われます。


   



>>ツクール大学理工学部トップへ



 
無料ゲーム・フリーゲームのとり飯!